EGFの副作用|EGF化粧品のデメリットとは

EGF 副作用,EGF デメリット

EGF化粧品ランキングをご覧になってる方に説明は必要ないかもしれませんが、このページではEGFを使う上でのデメリット的な要素を解説します。

 

EGFは上皮成長因子として、人の肌にもある、肌のターンオーバーを正常化する成分です。

 

上皮細胞に働きかけて、細胞分裂を促進させ、コラーゲンやエラスチンの生成が健康的な若い肌と同様になるため、肌のターンオーバーが正常化して、ニキビ痕やしみ・しわなどに効果があるといわれています。

 

 

また、EGFは必要な分しか補われないので、過剰に使用しても問題ないともいわれています。

 

それでは、EGFの使用には、まったくデメリットはないのでしょうか?

 

EGFのデメリットは肌荒れとかゆみ!?

上記内容から「EGFはすごく万能な成分!」と思われてしまうかもですが、敏感肌の方ではこのEGFによって肌荒れしてしまったという方もいらっしゃるようです。

 

ある、アトピー肌の方はEGF化粧品を使用し始めたことで、ニキビが大量にできてしまい、肌がかゆくなってしまったそうです。

 

この原因は、かゆみの原因となる神経細胞NGF(神経細胞因子)が関係しています。

 

健康的な肌の人は、このNGFが真皮と表皮の境界にとどまっており、ちょっとした刺激ならかゆみなどを感じないようになっています。

 

 

 

しかし、アトピー性皮膚炎をお持ちの方の肌は、皮脂や汗の分泌が少ないことで、健全な皮脂膜ができないため、角質細胞が不安定ではがれやすくなります。

 

このため、水分が蒸発しやすくなり、外部の刺激が真皮まで届きやすくなっているのです。

 

また、かゆみの神経細胞であるNGFが表皮と真皮の境界を越えて角層のすぐ下まで伸びているので、外部からの刺激に非常に敏感になってしまうようです。

 

このようなアトピー肌の方にEGFの化粧品を使用すると、NGFの分泌量が増えたという研究結果もあるそうです。

 

このように、肌の弱い方には逆にその炎症の原因を助長する可能性もあるので、十分気をつけて使用して下さい。

 

EGFは安全性の高いエイジングケア成分!

アトピー肌の方は注意が必要ですが、その他の肌タイプであればほとんど副作用的なものは何も発生せずにEGFを使うことができます。

 

アンチエイジング成分といえば、肌への刺激が強いものが多いですが…EGFはとても安全性の高いエイジングケア成分といえるのではないでしょうか。

 

こういった安心して使えるという点は、EGF化粧品の人気要素の一つとなっているのかもしれません。