EGF化粧品の効果|EGFはノーベル賞受賞の肌再生成分とは

egf化粧品 効果,egf 効果

EGF化粧品ランキングということで、このサイトではEGF配合の人気化粧品をご紹介しています。

 

最近、何かと話題になっているEGF化粧品ですが…このEGFには、どのような効果があるのでしょうか?

 

ということで、EGFという成分についてまとめてみました。

 

EGFって何?細胞を再生する成分とは?

 

まず初めに、EGFとはEpidermal Growth Factorの略で、日本語では上皮成長因子と呼ばれます(上皮増殖因子、上皮細胞成長因子、細胞再生因子とも言われることもあります。)

 

EGFは、そもそも人間が本来持っているタンパク質の一種で、その名のとおり、細胞を再生させる因子です。

 

 

このEGFは皮膚表面の細胞に働きかけて、新しい細胞の生成を促す働きがあります。

 

具体的に言うと、肌の細胞を活性化させて、肌が生まれ変わる周期であるターンオーバーを通常の周期にしてくれる効果があります。

 

もともとEGFは、皮膚再生の医療分野で使用されており、やけどを負ってしまった肌を再生することが主な目的でした。

 

このEGFを発見したアメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士は、その功績で1986年にノーベル生理学賞を受賞したほどです。

 

EGF配合化粧品は一ヶ月以上の使用が必要!?

このEGFはヒトオリゴペプチド-1という表示名称で、2005年の薬事法の改正で化粧品に配合することが可能となり、そのため最近、EGF配合の化粧品が増えてきました。

 

EGFは、しみやそばかす、ニキビといった肌トラブルに効果があると言われていますが、実際には直接作用するのではなく、年齢を重ねるとターンオーバーの周期が乱れて肌の再生が遅れてしまうのを正常化することで、肌が元気な状態に戻り、肌トラブルが改善されていきます。

 

つまり、EGFはターンオーバーを正常化するのであって、直接的に肌トラブルを解決するわけではないので、即効性があるわけではないことも理解しておくことが重要です。

 

効果を感じるのには個人差があり、早い人では1週間ほどのようですが、ターンオーバーは28日周期ですので、およそ一ヶ月は使い続けることが必要です。

 

どんなに人気があってオススメのEGF化粧品であっても、ある程度の期間を使い続けてから判断するようにしましょうね。

 

また、配合成分はEGFだけでなく、エイジケアに効果的なレチノールなども含まれているコスメを使えば、より大きな効果を期待できます。

 

EGFとレチノールの相性は抜群に良いといわれていますし、お目当てのEGF化粧品にレチノールが入っているかチェックしてみると良いかもしれませんね。