アイクリームでクマを効果的に消すには?

アイクリーム クマ,アイクリーム くま,アイクリーム くま 効果,クマ アイクリーム 効果

目元のクマというのは、見た目の印象を大きく変えてしまい・・・老けて見えたり、不健康なイメージを相手に与えてしまいますよね。

 

当サイト「アイクリームランキング50代おすすめガイド」のランキングにおいても、クマの改善に効果的なアイクリームは人気上位となっています。

 

クマは大きく分けて三種類あって、血行不良が原因の青グマ、小さなシミが集まって生じる茶グマ、目の下のたるみがクマのように見える黒グマに分類されます。

 

50代になってから目立ってくるクマは、ほとんどが黒グマ(目の下のたるみ)の可能性が高いので・・・まずは自分のクマがどの種類なのか把握してからケアしましょう。

 

 

黒グマのケア方法や最適なアイクリームなどに関しては、目元のたるみについてのページで詳しく案内していますので参照してみてください。

 

≫≫50代の黒グマ(目の下のたるみ)を改善するには?

 

 

それでは、その他の青グマと茶グマについて説明していきます。

 

アイクリーム選びとクマの種類の関係とは?

クマには三種類が存在していますから、それぞれのクマに合ったアイクリーム選びをすることが大事になってきます。

 

クマの種類と特徴については、下記のとおりとなります。

 

  • 青クマ(血行不良タイプ)

目のまわりの毛細血管の血流が悪くなり、停滞することが原因で生じます。
滞った血液が目の下の皮膚が薄いため、青黒く透けて見える状態ですね。

 

見分け方としては、軽く引っ張ると薄くなる、日によって状態が違うなどです。

  • 黒クマ(たるみタイプ)

目の下の皮膚が加齢で薄くなり、コラーゲンの減少によって眼窩脂肪(がんかしぼう)が下がってしまうことが原因です。

 

黒い影ができてしまい、むくみが加わるとさらに目立つ特徴を持ってます。
見分け方は、たるみなので上を向くと薄くなるという点ですね。

  • 茶クマ(色素沈着タイプ)

シミが集合して茶色く見えたり、目を擦ることで色素沈着・角質肥厚が生じて茶クマとなります。基本的にシミですから、メラニン色素によって茶色く見える状態ですね。

 

見分け方は、何をしても状態が変わらないというポイントです。

上記がクマの種類と見分け方となります。

 

青クマは冷え性などの体質や寝不足なども関係していますし、あまり50代から急に目立つようになるものではありません。

 

50代女性が疑うべきクマは、黒クマか茶クマのどちらかの可能性が強いといえるでしょうね。

 

青クマと茶クマそれぞれに合ったアイクリームとは?

青クマは血行を促進できる成分配合のアイクリームが効果的で、成分としてはレチノールやEGF配合のものを選ぶと良いでしょうね。

 

当サイトランキング1位のアンプルールのラインセラムアイは、青クマの改善効果も期待できるものとなっています。

 

 

 

 

アイクリーム クマ,アイクリーム くま,アイクリーム くま 効果,クマ アイクリーム 効果

茶グマはメラニン色素の沈着が原因ですから、シミ・美白ケアに有効な美容液やクリームを使うことが重要です。

 

美白化粧品ブランドとしても大人気のアンプルールから発売されているハイドロキノン配合のスポット美白美容液は、目元のシミや茶グマケアに愛用している50代女性が多いですね。

 

 

アンプルールラグジュアリーホワイトの詳細について