アンプルール ビーグレン

アンプルールとビーグレンを比較検証!

アンプルール ビーグレン,アンプルール ビーグレン 比較

 

アンプルールとよく比較される化粧品ブランドといえば、浸透テクノロジーで有名なビーグレンではないでしょうか。

 

アンプルール化粧品と同じく、ビーグレンはエイジングから美白ケアと商品ラインナップの種類も豊富ですし、美容雑誌などの人気ランキングに選ばれていることが多いですものね。

 

一例を挙げるなら…アンプルールのラインセラムアイは人気のアイクリームですが、ビーグレンの目元美容液トータルリペアアイセラムも注目されている化粧品となっています。

 

どちらの化粧品も口コミ評価が高い傾向にあるので、アンプルールとビーグレンのどっちが良いか迷う女性もたくさんいらっしゃることでしょう。それでは、アンプルールとビーグレンの特徴について比較していきます。

 

アンプルールVSビーグレン!それぞれの特徴とは?

アンプルールとビーグレンについて、特徴的なポイントをまとめてみました。

 

アンプルール

アンプルール ビーグレン,アンプルール ビーグレン 比較

皮膚科ドクターが開発プロデューサーを務めているドクターズコスメです。

 

エイジングケア化粧品にはノーベル賞受賞成分のEGFを配合、美白化粧品には業界初の新安定型ハイドロキノンを配合していることから注目を集めています。

 

先端の皮膚科学と化粧品化学が集結したコスメシリーズは評価が高く、他化粧品メーカーと比較しても信頼度の高いブランドといえるでしょう。

ビーグレン

アンプルール ビーグレン,アンプルール ビーグレン 比較

世界特許取得の浸透テクノロジーが代名詞となっている人気ブランドです。

 

しわ、美白、ニキビ、毛穴など…さまざまな肌の悩み改善に活躍するシリーズを発表していて、すべての化粧品が口コミで高得点を獲得しています。

 

最高顧問であるブライアン・ケラーは、大学で研究を重ねたり、薬学博士としての実績を持っていますから…こちらもドクターズコスメといえますね。

以上、アンプルールとビーグレンの化粧品やブランドの特徴を簡潔にお伝えしました。

 

いずれのブランドも皮膚科学に精通したドクターが開発に携わっているという共通点を持っています。

 

また、美白成分にはハイドロキノン、エイジング成分にはペプチド(複数のアミノ酸を掛け合わせた成分)を用いているという点も、両ブランドの共通ポイントとなっていますね。

 

アンプルールとビーグレンはどっちを使うべき?

アンプルールとビーグレンの大きな違いといえば、アンプルールは日本の化粧品ブランドでビーグレンはアメリカのメーカーであるという点です。そのため、アンプルールのほうが日本人の肌に馴染みやすく、安心して使える化粧品となっていますね。

 

ビーグレンは口コミでの高評価とは対象的に、肌への刺激が強すぎて合わないという声も多く見かけますし…賛否両論となってます。

 

いずれにしても効果的で優秀な化粧品ブランドには違いありませんし、両方をトライアルして決めるのがベストといえます。

 

どちらを先に試すか悩んでらっしゃるなら、肌トラブルの口コミが少なくて即効性を実感しやすい日本の化粧品ブランドであるアンプルールのほうが良いかもしれませんね。