大人ニキビの皮膚科での治療内容とは?

大人ニキビ 皮膚科,大人ニキビ 治療,大人にきび 治療

当サイトは大人ニキビ化粧水をランキング形式で紹介しています。

 

しかし、ホームケアではなかなか良くならず・・・皮膚科でニキビを治療する場合は、どんな内容なのか知りたい方もいらっしゃるでしょう。

 

皮膚科でのニキビ治療は、簡単なものだとビタミン剤と塗り薬の処方となっていて、酷いニキビの場合には抗生物質の内服が基本となります。

 

頑固な大人ニキビに対しては、漢方薬を処方するケースも多いですね。

 

いずれにしても、クリニックでのニキビ治療は薬の投与がメインとなりますから、副作用などの有無も医師に相談しながら進めていきましょう。

 

大人ニキビに効く皮膚科処方の薬とは?

大人ニキビの治療に使われる皮膚科から処方される薬の種類について、主なものを下記にまとめてみました。

 

ビタミン剤
ビタミンB2・B6がメインに使用され、皮脂分泌のコントロールによりニキビを改善していきます。

 

しかし、ビタミン不足が原因でない場合は、ビタミン剤を飲んでもニキビが良くなることはありません。また、市販のビタミン剤と内容的には変わらないものが処方されます。

抗生物質
アクネ菌の殺菌のために抗生物質を用います。慢性化しているニキビの場合は、抗生物質を飲んだときはよくなっても再発することが多いです。

 

ミノマイシン、ルリッドなどの抗生物質を使うことが主流ですが、副作用の問題もあるので長期間飲むのは控えましょう。

漢方薬
ホルモンバランスを整えたり、免疫力を高めてニキビを治癒します。

 

漢方薬のメリットは副作用が弱く、飲用をやめた際にもニキビが再発しにくいという点にあります。

 

体質に合わせて処方が選択されますし、薬局で購入すると保険適用外になるので漢方に詳しい医師の診断のもとで内服するようにしましょう。

 

主なニキビに効く漢方薬の種類
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・加味逍遥散(かみしょうようさん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)・温経湯(うんけいとう)・十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)

上記以外には、保険適用外で美容皮膚科で処方される傾向にある「ホルモン剤」「ビタミンA誘導体(レチノイド)」「スピロノラクトン」などがあります。

 

塗り薬として抗生物質が処方されたり、角化調整薬や消炎剤、イオウが出されることもあります。

 

大人ニキビは皮膚科で治すのがベスト?

大人ニキビは性質的に皮膚科に行ったからといって、確実に良くなるものでもありません。

 

それよりも大切なのは、個人個人が自分のニキビの原因や肌状態などを把握して、それに見合ったケアを行なうということです。

 

そのため、皮膚科に通わずに自分でニキビ対策をする人が多いわけですね。

 

まずは、自分のニキビの原因を知り、どういったケアが最適なのか知ることから始めましょう。