たるみ毛穴 皮膚科

たるみ毛穴を皮膚科で治す方法とは?

たるみ毛穴,皮膚科,毛穴,たるみ,レーザー

たるみ毛穴に効く化粧品を使っても、美顔器でケアしてもあまり良くならない・・・そういった場合には美容皮膚科での施術や治療がとても有効です。

 

ただ、たるみ毛穴に効く施術や治療といっても、具体的にどんなメニューがあるのかピンッときませんよね?

 

ということで、たるみ毛穴に対して実際にクリニックで行なわれる施術や手術などの治療内容についてご紹介します。

 

たるみ毛穴の皮膚科での治療メニューとは?

たるみ毛穴,皮膚科,毛穴,たるみ,レーザー

ピーリング&ビタミンCイオン導入&レチノイン処方

まず最初に挙げるのが、私たちが家で行なうスキンケアの強力版といえる施術内容です。

 

クリニックならではの強いピーリングを月に1回、10ヶ月くらいに渡って続けます。

 

さらに、微弱電流を肌に流すイオン導入を行なうことで、ビタミンCを通常のお手入れの何十倍もの浸透力で真皮のすみずみにまで送り届けることができます。

 

上記の施術を受けながら、自宅ではレチノールよりも強力な医薬品のレチノイン酸を処方してもらい、家で外用してケアをしていくという流れですね。

 

ピーリングにしてもビタミンCイオン導入にしても、家庭では実現できないレベルの効果を期待することができます。

 

また、レチノイン酸はクリニックに通わなければ手に入れられません。

 

レチノイン酸はレチノールよりも肌のコラーゲンを増やす効果が大きく、さらには皮脂抑制作用も持っているので毛穴の開きやたるみ毛穴の予防に効果的です。

 

ホームケアよりも数段上のお手入れをすることで、たるみ毛穴を効果的に改善することができる施術メニューとなっています。

 

ちなみに、それぞれの施術のお値段の相場は・・・

 

ピーリング ⇒ 1回10,000円前後

 

ビタミンCイオン導入 ⇒ 1回2,000円〜5,000円

 

レチノイン酸ケア ⇒ 1ヶ月分2,000円〜5,000円

 

施術期間は状況にもよりますから、3ヶ月・半年・1年と人によって変わってきます。

 

レーザー治療

たるみ毛穴,皮膚科,毛穴,たるみ,レーザー

レーザーなどの光を照射して肌の若返りをはかるマシンを使い、たるみ毛穴を解消する治療メニューです。

 

このマシンを使用したレーザー治療は、コラーゲンを増やす大きな効果が望めるので、毛穴やシワ・たるみ改善の目的に行われます。

 

マシンのタイプによって内容は変わりますし、通う美容クリニックによって扱ってるマシンも異なってきますから・・・レーザー治療を受けたいなら、事前にどういった内容か医師にしっかりと説明してもらうようにしましょう。

 

マシンのタイプには、一例として以下のようなものがあります。

 

・皮膚に熱を加えて活性化させ、肌のコラーゲンを増やすタイプ。

 

・皮膚を軽い火傷状態にして、火傷の治癒力を使ってコラーゲンを生み出すタイプ。

 

レーザー治療を行なった場合には、治療後に肌にかさぶたができたり、メイクがしばらくできなくなったりなどのデメリットが生じることがあります。

 

これは治療内容によりますが、数日から1週間くらい制限される場合もありますので・・・この点も事前にお医者さんに確認してみてください。

 

たるみ毛穴を隠すメイクの方法とは?

治療費用は使用するマシンによってまったく違うので、相場に関しての明記は控えさせていただきます。

 

ちなみに、当サイトの「たるみ毛穴化粧品ランキングBEST5」の第一位は、皮膚科ドクターが開発した信頼度の高いあの化粧品です。

 

 

たるみ毛穴を皮膚科で治すには?毛穴のたるみにレーザーが効く!?関連ページ

たるみ毛穴の原因
たるみ毛穴というのは、頬のたるみなど肌老化によるハリや弾力不足が大きく関係していますし・・・たるみ毛穴によってシワが増えることもあります。たるみ毛穴の原因について説明します。
改善方法について
毛穴のたるみを治すためには、正しい改善方法にてスキンケアを行なうことが大切です。毛穴に効く化粧品の選び方や正しいお手入れ方法をご案内します。
肌荒れの予防方法
たるみ毛穴のスキンケア対策を行なったことで、肌荒れを起こしてしまう方もいらっしゃるようです。肌荒れを起こさないための予防方法や、毛穴ケア方法のやり方などをお伝えしていきます。
毛穴詰まり&黒ずみ
毛穴が開いてしまって、そこへ詰まった角栓がぶつぶつになったり・・・酸化して黒ずみになり目立って悩んでいる女性は多いですよね。毛穴の汚れを取り除く方法を公開します。
遺伝による毛穴開き
毛穴の開きにはいくつかの原因があり、それによって使うべき化粧品も変わってきますし、対策や改善方法も違ってきます。毛穴の開きをケアする上で、まずは正しい原因を知ることから始めましょう。