レチノール 毛穴

レチノールは毛穴ケアにもっとも効く!?

レチノール,毛穴,レチノール入り化粧品,クリーム,美容液

たるみ毛穴に効く化粧品といえば、やっぱりレチノールが配合されている美容液やクリームでしょうね。

 

レチノールはビタミンAの一種となっていて、皮膚科で処方されるレチノイン酸と同類の成分です。

 

レチノールには、肌のたるみを改善するために必要不可欠となる弾力を回復する作用があります。

 

そのため、たるみ毛穴など毛穴の悩みの改善はもちろん、レチノールはシワなどの解消にも大活躍してくれる成分となっています。

 

それでは、レチノールについて、さらに詳しく解説していきましょう。

 

毛穴に効果的なレチノールの副作用とは?

医学的にもレチノールという成分は、線維芽細胞の働きを促進して肌のコラーゲンを増やす作用がもっとも高いと言われています。

 

コラーゲンは肌のハリや弾力を支えている主成分ですから、レチノール入りの化粧品でケアすることでリフトアップの効果が期待できるというわけですね。

 

レチノールは効果が大きいという反面、肌への刺激が強いという副作用的な一面も持っています。

 

ただし、ある程度のピリピリ感などを自覚できるくらいの濃度でないと、効果が低い傾向にありますから・・・若干の刺激ならそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

 

乾燥肌や敏感肌の女性の場合は、レチノールを使うことで肌荒れを起こしてしまう可能性があります。肌が弱い方はレチノールではなく、ビタミンCやナイアシンなどの成分を使うようにしましょう。

 

レチノール化粧品の選び方や使い方とは?

レチノール,毛穴,レチノール入り化粧品,クリーム,美容液

レチノールは油溶性の成分となっていますから、化粧水のような水が主体となっている化粧品には向きません。

 

油溶性の成分との相性が良いのは、美容液やクリームなどのコスメとなります。

 

また、最近ではレチノールを改良して進化させた「パルミチン酸レチノール」が配合された化粧品が多くなってきました。

 

パルミチン酸レチノールは、レチノール以上に浸透力が高く、さらに肌への刺激もおさえられたものとなっています。

 

そのため、レチノール入り化粧品は、美容液やクリームタイプでパルミチン酸レチノール配合のものを選ぶと良いでしょう。

 

 

レチノール配合のアイクリームとパルミチン酸レチノール配合のリフティングクリームがセットとなっているアンプルールは、毛穴をはじめとするエイジングケアに大人気の化粧品シリーズとなっています。

 

 

 

レチノールは、日光に当たると効果が弱まってしまうという性質があるので、夜のスキンケアで使用するのがベストです。

 

朝にも使いたいという人は、外出時にレチノールの美容液やクリームを塗った箇所が日光に当たらないよう、帽子や日傘などによる日よけ対策を必ず行なうようにしましょう。

レチノールは毛穴ケアに効く代表的な美容成分!その効果とは?関連ページ

ビタミンC
毛穴ケアや肌のシワたるみなど、アンチエイジングにはビタミンC配合の化粧品が大活躍してくれます。万能美肌成分といわれるビタミンCが持つ働きとは?ビタミンCの毛穴の悩みを改善する効果を説明します。