肌荒れ たるみ毛穴

肌荒れを毛穴のたるみケアが引き起こす理由とは?

肌荒れ,たるみ毛穴

たるみ毛穴に効く化粧品などを使ったお手入れは、実は肌荒れの原因となってしまうことがあります。

 

その理由として真っ先に挙げられるのが、たるみ毛穴のスキンケアに使用する化粧品は肌への刺激が強いという点ですね。

 

 

たるみ毛穴の大きな原因である肌の弾力低下を改善するために、真皮のコラーゲンやエラスチンを増やすケアがとても有効です。

 

しかし、コラーゲンやエラスチンを増やす作用がもっとも大きいとされるレチノールは、肌への刺激が強いので赤みや痒みが出たりするリスクがあります。

 

また、皮脂のたまりを予防する抑制作用やコラーゲンを増やす働きをしてくれるビタミンCは万能の美肌成分といわれてますが、使用することで肌が乾燥しやすくなる側面を持っています。

 

 

さらに、ターンオーバーを促進して肌の若返り効果をもたらせてくれるピーリングは、肌への負担が掛かりますので週に1〜2回以上やれば肌荒れに繋がる可能性もあるでしょう。

 

そのため、レチノールが合わない場合はビタミンCや肌に優しいナイアシン(ビタミンB3)配合の化粧品を代わりに使うようにしたり、ビタミンCを使うなら保湿ケアにも十分に配慮したり、ピーリングの使用回数を控えめにするなどの調整が必要がです。

 

特に敏感肌や乾燥肌の女性は、たるみ毛穴ケアに使用する化粧品は肌にやさしいというポイントもおさえて選ぶようにしましょう。

 

肌荒れを起こす毛穴クレンジング法とは?

もう一つ毛穴ケアをする上で肌荒れに繋がりやすいのが、毛穴クレンジングのやり方です。

 

詰まり毛穴は皮脂と角質、さらにはメイク残りなどが混ざり合ってできる角栓が毛穴に詰まって生じます。

 

毛穴のクレンジングはメイクをしっかり落とすために、日々行なわなければならない大事なスキンケアですが・・・やり方を間違えると肌荒れを起こしてしまうのです。

 

正しいクレンジング方法はコレ!

肌荒れ,たるみ毛穴

クレンジング剤には油分と水分をなじませて落とすための界面活性剤が含まれているため、どうしても肌への負担が掛かってきます。

 

それなのに毛穴の奥の汚れを取り除こうとゴシゴシこすってしまったり、クレンジング剤をつけてマッサージをしてしまったら慢性的な炎症につながって肌荒れだけでなく肌老化を早める原因にもなりかねません。

 

 

基本的にクレンジングの際には力を入れず、サッと肌に40秒程度でなじませて、20秒で洗い流すという合計60秒くらいで終えるように意識して行ないましょう。

 

その後に洗顔をするわけですから、クレンジング時には汚れの6割程度が落ちてれば十分です。

 

また、クレンジング剤は肌に優しいクリームタイプを選ぶのが良いです。

 

マスカラなどのポイントメイクは落ちにくいので、薬用オリーブオイルを活用すると効果的に落とせますので試してみてください。

肌荒れを毛穴のたるみケアが引き起こす!?肌荒れの予防方法とは?関連ページ

たるみ毛穴の原因
たるみ毛穴というのは、頬のたるみなど肌老化によるハリや弾力不足が大きく関係していますし・・・たるみ毛穴によってシワが増えることもあります。たるみ毛穴の原因について説明します。
改善方法について
毛穴のたるみを治すためには、正しい改善方法にてスキンケアを行なうことが大切です。毛穴に効く化粧品の選び方や正しいお手入れ方法をご案内します。
皮膚科の治療内容
毛穴や肌のたるみを美容皮膚科で治療したい・・・そういった場合には、どういった施術や手術などの方法があるのでしょうか?クリニックに用意されてるたるみ毛穴を治せるメニューを調べてみました。
毛穴詰まり&黒ずみ
毛穴が開いてしまって、そこへ詰まった角栓がぶつぶつになったり・・・酸化して黒ずみになり目立って悩んでいる女性は多いですよね。毛穴の汚れを取り除く方法を公開します。
遺伝による毛穴開き
毛穴の開きにはいくつかの原因があり、それによって使うべき化粧品も変わってきますし、対策や改善方法も違ってきます。毛穴の開きをケアする上で、まずは正しい原因を知ることから始めましょう。